昭和男の日々

昭和男の日々

生き続けて20年

佐々里峠観察記録中編

 どうも、自分の車の方向性が一体どこへ向かうのか分からない昭和男です。

 

 改造か維持かドレスアップか....

 

f:id:Syo-waOtoko:20200222233547j:image

↑とりあえずこうはなりません。

 

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

 

さて、今回も安全運転で峠へ向かいます。

 

f:id:Syo-waOtoko:20200228002404j:image

 

 

2020年1月26日

 

今回は南丹市側からの撮影です。


f:id:Syo-waOtoko:20200228002343j:image
f:id:Syo-waOtoko:20200228002346j:image

途中の道には佐々里峠が通行止めである事を示す電光掲示板がありました。

京都市側に合った物と比べてもこちらの方が大きく、図記号も表示されていました。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200228002401j:image

 なんと、封鎖地点付近で工事の為迂回路が設定されていました。(そーいや道中ナビが大型車通行止めって言ってたなぁ.....)


f:id:Syo-waOtoko:20200228002358j:image

 こちら側は京都市側と違って簡易的な柵です。それに通行止め(301)の標識もありますね。

 ちなみにこの「通行止め(301)」の意味は「人も車も通行を禁止」と言う意味なので徒歩でも入ることは出来ません。人だけ入れるなら「車両通行止め(302)」が設置されるはずです。


f:id:Syo-waOtoko:20200228002411j:image

 やっぱりここも南京錠です。

 確か、消防や警察が緊急時に開けられるように専用の南京錠になっていたような....


f:id:Syo-waOtoko:20200228002333j:image

 道路情報板の裏側です。

 差し替え用のプレートを入れるボックスに鍵がありませんね。盗難とか大丈夫なんでしょうか?

 


f:id:Syo-waOtoko:20200228002326j:image

 今回は少し番外編も。

 ゲートの写真を撮影した後、筆者は美山側へ戻る前に佐々里スキー場跡地方面へ向かいました。

  車で入るのはヤバそうだったので、歩いて奥へ向かいます。


f:id:Syo-waOtoko:20200228002339j:image

 起点とかいてありますが、一体何の起点何でしょうか?

 370は恐らくこの府道の番号だと思うのですが、A050は何の意味があるのかな?


f:id:Syo-waOtoko:20200228002355j:image

 しばらく歩くとこちらには終点の文字がありました。


f:id:Syo-waOtoko:20200228002350j:image

 歩いていると、いきなり通行止めの標識が現れました。インターネットで知れべ手見ても全然通行止め情報が出てきませんでした。


f:id:Syo-waOtoko:20200228002408j:image

 うん、確かにコレは進むのをやめた方がよさそうですね。

 歩いて元来た道へ戻りました。

 

 

 

2020年2月8日

 

f:id:Syo-waOtoko:20200228012749p:image

 2月6日に京都市内で少し雪が降りました。筆者は京都では結構南な方に住んでるんですが、ライトや窓が凍ってました。

 

f:id:Syo-waOtoko:20200414232151j:plain
f:id:Syo-waOtoko:20200414232124j:plain

 ネットで面白そうな物が売っていたので使ってみました。コレなら運転前に車輪止めをどけ忘れる心配がありませんね。(実際に忘れてた人)


f:id:Syo-waOtoko:20200414232159j:image

 さて、また山へやってきました。市内と違ってかなり積もってますね。

 京都バスの社員さんが途中の道で「今日はチェーンいらんよ、そんな凍って無いから。それと、道除雪してあるから普通に走れると思うで。」と教えてくれました。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232118j:image

 この写真はドライブレコーダーで撮影した酷道とも言われている国道477号線百井別れです。道に全然雪が積もって無いですね。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232111j:image

 そしてこちらは1年前の2019年1月27日に撮影した同場所です。全然違いますね。

 

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232148j:image

 道中、ブレーキ踏んだらタイヤロックして車が滑りながら止まったり、VSC作動ランプ点灯して全然進まなかったり等ありましたが、なんとかゲート付近まで来ることが出来ました。

 でも、人気や交通量が全く無くて広い直線でこう言った状態を体験できたのはとても良かったと思います。だって、ビデオや写真だけではいまいち理解できない事でも、実際に体験することによって雪道の危険性を改めて理解することができたのですから。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232133j:image

 今シーズンの営業は絶望的と言われていた広河原スキー場ですが、オープンしており、多数のお客さんが来ていました。


f:id:Syo-waOtoko:20200414232139j:image

 いい感じに積もってますね。昔遊びに行った事があります。


f:id:Syo-waOtoko:20200414232144j:image

 えっとですねぇ.....ノーチェーン、ノースノータイヤで頑張ってきた筆者の車ですが、とうとうラストの坂で大空転を起こして進めなくなりました。

 まぁ、頑張ったら前に進めそうだったんですが、ゲート前でUターンできなかったら嫌なのでここでバックしながらバス停付近の橋まで戻りました。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232136j:image

 歩いてゲート前まで行きましたが、ここに車で来なくて正解です。ようやく看板に書いてある通りになりました。このゲート、以前にも書いたように「歩行者通行止め」の意味を持つ標識が設置されていないんですよね。


f:id:Syo-waOtoko:20200414232114j:image

 ゲートから先は一切除雪がされていない&誰かが通った後がないですね。人が通れるのであれば通ってみたいですね。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232129j:image

 滑りませんが、入場料を払ってスキー場に入りました。薪ストーブが暖かかったです。


f:id:Syo-waOtoko:20200414232203j:image

 腹が減ったので遅い昼飯です。とてもおいしいカレーを頂いた後、スキー場の人と少し話してスキー場を後にしました。


f:id:Syo-waOtoko:20200414232121j:image

 ってか雪めっちゃ降ってきました。

 佐々木ゆう子さんのPure Snow聴きながらゆっくり走ってたんですが、m.o.v.eのstrike on流しながらカッ飛ばしました。(法定速度で)

 

 

↓もし良ければ来雪シーズンにドライブする際に流しながら走ってみてください。

 


Yuko Sasaki - Pure Snow

 

 

 


f:id:Syo-waOtoko:20200414232154j:image

 実は12月にローダウンスプリングを入れたので車高が下がり、バネも硬くなりました。んで、それから一度も嵐山・高雄パークウェイを走った事が無かったのでとりあえずすこーしだけ走りに行こうと思い*1、国道477を京北方面に向けて走っている最中に撮影した写真がコレです。

 店がお休みなのか自販機が休止なのか分かりませんね。

 

f:id:Syo-waOtoko:20200419143803j:image

 この後、ひたすら京北方面へ走りました。こっちの方は道が凍っていたりはしてなかったです。


f:id:Syo-waOtoko:20200419143614j:image

 パークウェイに来たんですが、めちゃ汚ねぇ.........

 この後やることと言ったらこれですね。そう、

 

 

 

 


f:id:Syo-waOtoko:20200419143619j:image

洗車!

 筆者の車は5YEARS COAT施工車両なので基本的に水洗いのみで大丈夫らしいのですが、高圧ジェットでも落ちなかったので手洗いしてます。マジ冷たい。

 

 

 

 

 


f:id:Syo-waOtoko:20200419143553p:image

 前回も書いてましたが、ここを人が通れるのか?と言う事が気になっていましたね。

 明らかに門の横は人が通れるようになってますし、歩行者通行止めの標識もありません。

 

 とりあえず管轄している土木事務所に聞いてみましょう。

 


 f:id:Syo-waOtoko:20200419143603j:image

ここですね。

 


f:id:Syo-waOtoko:20200419143608j:image

 なんか、色々調べていたら問い合わせフォームみたいなのがあったので質問文を適当に書いておきます。

 

 回答が返ってきているのでそれは次回にお伝えします。

 

 

後編へ続く!

*1:知ってるフォロワーさんがたまたまパークウェイに来ていた。