昭和男の日々

昭和男の日々

生き続けて20年

【知れば得する?】オービスレポート その2

 どうも、なにもいい所のない昭和男です。

 

 

 

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

 

 さて、今回は前回予定していた通りHシステムの紹介です。

 初見さんはその1の注意書きを必ず読んでください。

 

 

5月某日、関西某国道

 

f:id:Syo-waOtoko:20190611233249j:image

 筆者は車を走らせオービスの場所へ向かいました。(良い日産!)

 

f:id:Syo-waOtoko:20190611233342j:image

 おぉ、あったあったこの看板。

 基本的にオービスの手前にはこんな感じの青看板があります。なので、移動式以外はこの看板に注意しておけば大丈夫ですね。

 

f:id:Syo-waOtoko:20190611233548j:image

 Hシステムはそのほとんどが手前で警告してくれます。

 

f:id:Syo-waOtoko:20190611235604j:image

 そしてこやつがHシステム。どっからどう見てもヤバそうなのが伝わって来ますね。

 

f:id:Syo-waOtoko:20190619000910j:image

 この写真の白い四角がレーダー部分で、ここから断続的にレーダー波が発射されており、赤色の丸で囲んである所が赤外線ストロボで緑の丸の所がカメラです。

 

 その1でも書きましたが、写真は撮影されると警察へ即転送されるのでフィルム切れなんてラッキーな事はありません。

 

 ちなみにこのタイプのHシステムは日本全国各地にありますが、製造元の撤退とかで少しづつ撤去されているそうですが、北海道では固定式はこのタイプしかありません。(雪の影響でループコイルでは測定不可の為)

 

 

 

おまけ

 阪神高速で使用されているHシステム(旧型Hシステム)も撮影したのでご覧ください。写真は全て1号環状線で撮影してます。


f:id:Syo-waOtoko:20190619000905p:image

 これでもかと言うくらいに4車線に渡り設置されているレーダーと撮影機材。大阪府警の本気度が窺えます。


f:id:Syo-waOtoko:20190619000913p:image

 手前の看板は四角でした。こちらのHシステムは警告なしであのデッカイレーダーが現れます。

 ちなみに阪神高速にはこのタイプのオービスがクソ程あります。その理由はナニワトモアレとか読んだら分かります。(まぁ、30年位前から元気な関西のニイチャン達がシビ〇クとかで夜な夜な「ンバァーーーーーーッ」なんて事やってたからなんだよなぁ)

 

 筆者自身、たまーに阪神環状をドライブしてる事があるんで良かったら見つけてね。

 

 

対策

 皆さんコレが知りたいんでしょ?筆者なりに考えてみたんで良かったら参考にしてください。自己責任で。

 評価は5段階で、回避率は多いほど回避しやすく、コストは多いほど安く、最後のはネタです。

 

 

ナンバーレス

回避率・★★★★

コスト・★★★★

犯罪率・★★★★★

 

 うん、そもそもナンバーが無かったら連絡来ないよね。ついでにフルフェイスヘルメット被れば絶対にバレないね。

 

 

犯罪です。

 実際、ナンバーレスで公道を走行して略式起訴された人もいるらしいので、「前についてないけど、ダッシュボードの上に置いてあるから大丈夫」なんて思わないようにしましょう。

 見つかったらめっちゃ追っかけられます。

 

 

ナンバーの角度を変える

回避率・★★★

コスト・★★

ヤンチャ率・★★★★★

 ちょっと下向いてるナンバーってスポーツカーとかでよく見ますよね。実はコレ微妙に合法なんですよね。フロントナンバーは水平から±10°までなら傾けても大丈夫なんですよ。ま、10°位傾けたとしてもバッチリ撮影されます。コレもやり過ぎると切符切られます。

 

詳しくは↓見てください。カバーも折り曲げも当然アウトです。(ガムテも)

www.mlit.go.jp

 

車線変更

回避率・★★

コスト・★★★★★

運・★★★★★

 なんかYouTubeで見たんですが、撮影ポイントで車線変更するとレーダーが正しく作動しないとかやってたんですが、実際はどうか知らないです。実験してみても責任は取りません。

 

 

探知機導入

回避率・★★★★

コスト・★★

コスパ・★★★★

 オートバックスとかで売ってる探知機を取り付ける方法です。ただ、問題なのはレーダーのみ探知する探知機だと反応しないことが多いので、Hシステム対応の物を選びましょう。

 

 

 

すんごいスピードを出す

回避率・★★★★★

コスト・★

レーサー気分・★★★★★

 200km/h位出るようにチューンすれば早すぎてHシステムが測定出来ないと思います。絶対にマネしないでください。

 ま、これも都市伝説みたいなモンでHシステムってかなり速い速度でもバッチリ撮影するらしいよ。

 

 

法定速度を守る

回避率・★★★★★

コスト・★★★★★

安全運転スキル・★★★★★

 やっぱこれが一番でしょ。スピード出したかったらサーキット行きましょう。

 

 

次回はLHシステムの特集です。

 

その3に続く!