昭和男の日々

昭和男の日々

おかげ様で2周年

シルフィ購入計画その1

 どうも、2か月前の「レンタカー借りてみた」の記事執筆がなかなか進まない昭和男です。

 

 さて、クソ暑かった京都の夏も別れたカップルの様に涼しくなってきましたね。

 

 この記事は以前から何度もブログに登場し、筆者自身が高校1年の時から欲しいと言っていた車を購入するまでを紹介する記事です。

 

 

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

 過去にこれだけ取り上げてきました。(欲しいから真剣なんだよ。)

 

 ただ単に「車が欲しい×2」と言うのは小中学生でも出来ることです。高校時代に免許を取得し自動車の購入に一歩近づきました。そして社会人になり、安定した収入を継続して得られるようになりまた一歩購入に近づきました。

 

 今までは価格や乗りやすさをインターネットや本で調べるだけでしたが、今回は実際に試乗してきました。

 

 

2018年8月11日(土)京都市

f:id:Syo-waOtoko:20180817235436j:image

 自宅から試乗する車のある日産の店舗までかなりの距離があったので自転車では無く、バスで向かう事にしました。

 

f:id:Syo-waOtoko:20180819180308j:image

 バス停から少し歩くとお店が見えてきました。

 

 予約を入れていたので、名前を伝え書類に必要事項を記入したのち店員さんに運転免許証を手渡しました。*1

 

 少し店内で店員さんと話した後、ガレージへ向かいました。 

 

   Sツーリングは初めて乗ります。*2

  ぐるっと外周を見た後、車に乗り込み試乗コースを10分程走りました。

 

試乗した感想

・内装、デザイン

f:id:Syo-waOtoko:20180819180437j:plain

 やはり、フロントデザインやリアデザインはほかのグレードと比べてもかなりカッコよくなっています。

 

 シートは黒のスエード調コンビで以前横浜で座ったGルグランの本革シートと比べるツヤは少ないですが、座りごごちは良かったです。

 

 グレードG以上はシフトノブ周辺が木目調パネルになるのですが、Gと同じ値段のSツーリングはシルバー塗装...

↑安っぽい銀色かと思っていたのですが、実際見てみると普通でした。*3

 

 ライトはプロジェクタータイプのキセノンヘッドランプ&オートレベライザー付でした。ハロゲンとは違い、フロントがかっこよく見えます。

 

  クラクションの音は車内から聞くと近鉄の電子ホーンに似た感じの音でした。

 

f:id:Syo-waOtoko:20180819190804p:plain

※写真は本社展示のGルグランの物

 ホイールはGルグランと同じで16インチのアルミホイールが装着されていました。

  写真を見て分かる様にこのホイールだとリアのドラムブレーキが目立つのが残念です。(アルフィンにでもしようかな?でも、5穴仕様なんか無いわな...)

↑最悪耐熱塗料で塗装します。

 

 

・試乗&走行中

 視界に関しても左フロント部分が見にくい等はありませんでした。むしろ教習車よりも見やすかったです。

 

 停車中に許可を得て5000rpmまで空ぶかししてみましたが、エンジン音は悪くなかったです。*4

 

 加速に関しては軽く踏み込むと元気に加速してくれます。街中で乗るには十分すぎるパワーです。

 

 低速時のステアリング操作は軽い感じがしました。僕自身操作していて「もう少し重くても良いのでは?」と思いました。

 

 緩い下り坂でシフトレバーを「L」にしてエンジンブレーキの利き具合を試してみました。MT車の様にダイレクトにシフトショックが伝わって来るのでは無く、少しまったりとした感じでギアが下がり、エンジン回転数が上がりました。

 

色々と書いていますが、この記事読んで気になった人は試乗してみてください。

www3.nissan.co.jp

 

次回は見積金額とオプションについて紹介します!

 

その2に続く!

 

 

このシリーズは不定期連載ですが、記事更新は基本的には17時に行います。

*1:コピーを取る為

*2:本社のはGルグラン、以前乗ったタクシーはX

*3:タクシーは夜に乗ったのでよく分からなかった。

*4:店のガレージにて