昭和男の日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和男の日々

最高に人生をエンジョイしようとしている男のブログです!

京都市の交通事情その2

京都 紹介

やっと素材写真が集まりました。

前回記事に引き続き京都市の交通事情について書きます!

まずは…バスです。

 

 

syo-waotokosyumi.hatenablog.jp

 

1.京都市バス

名前の通り京都市が運営してるバスです。(一部委託)

f:id:Syo-waOtoko:20170112230352j:image

乗り口にきちんと名前が書いてます。主に緑色のバスです。

 

派手な建物や看板が禁止されている京都市ですが、バスのラッピングは派手ですw

 

市バスには大きく分けて6種類あります。

 

1.循環系統 、主に京都市内をぐるぐる回ってるバスです。系統番号の所がオレンジに白字なのが目印。運賃は均一運賃の230円。

 f:id:Syo-waOtoko:20170116185805j:image

注意!

循環系統は市内をぐるぐる回るので、時計回りと反時計回りの2種類がありますので、間違えて乗らない様に注意して下さい。間違えたら所要時間5分でも1時間かかる場合もあります。そんな観光客の方を何人も見て来てます。

f:id:Syo-waOtoko:20170116190145j:image

↑ちなみに右が(北を向いた時に)時計回り左が反時計回り。

 

2.均一系統、同じ所を行ったり来たりするバスです。ただし系統によっては往路と復路が違う所を通るバスも。系統番号の所が青に白字なのが目印。運賃は230円。(写真手ブレですみません。)

f:id:Syo-waOtoko:20170116185820j:image 

3.他区間系統、主に郊外などを走ります。 基本的には上に書いた均一系統と走り方は似てます。行き先の番号が白黒なのが目印です。均一運賃で乗れる時もありますが、区間により230円より安くなったり高くなったりします。

f:id:Syo-waOtoko:20170116225731j:image

 

4.観光系統、主に観光地を走るバスです。このバスは他のバスとは少し違い行き先に「急行」が入ります。急行なのであまり観光地と関係ないバス停は通過します。しかも、観光系統は平日に走らない事が多いです。また、走ってたとしても同じ方面に向かうバスと比べて本数が非常に少ないです。運賃は230円です。

f:id:Syo-waOtoko:20170116230136j:image

↑記事の関係上、接近表示器に写真になってます。下の写真にバスがあります。

 

これ以上書くと読む方も大変だと思うので今回はこれでラスト

f:id:Syo-waOtoko:20170116230110j:image

この100系統をよーく見て下さい。なんか、赤っぽいですよね。これ、実は終バスの表示なんです。終バス1本前が緑色のランプが点灯します。この他にも臨時など特殊なバスも走ってます。

f:id:Syo-waOtoko:20170116230752j:image

 

記事を待たせてしまってすみません。今回も気合いを入れて作ったので、読んで頂けると嬉しいです!また、読者登録も大歓迎です‼︎